【メルマガ 第25号】 Q:早く帰ろうと思いながらもズルズル残業してしまいます。どうすれば早く帰れるようになりますか?

手帳が変われば人生が変わる!

欲しい未来を手に入れる手帳の使い方を伝えている谷口和信です。

 

 

前回のメルマガ編集後記でも書きましたが、先週末は妻とふたり、一泊二日で葉山に行ってきました。

誕生日だから計画したわけではなく、私と妻と娘の予定を考えると、4月7・8日がちょうどよかったので、その日にしたところ、たまたまそこが私の誕生日だった、というのがホントのところ。

 

ですが、

「誕生日に旅行した」というのは事実だし「いいプレゼントだった」ということにしておきます。

実際、楽しかったしね(^^)

 

子供が小さいうちは、夫婦二人で出かけるのは難しかったけど、下の子も4月から大学生になり、帰宅時間も遅くなってきています。

その分、夫婦二人で過ごす時間が長くなりそうだし、昨夜も夕食後に妻と話をしていたら、

「次はどこに行こうか?」と言ってきたし……。

これまで以上に、いっしょに楽しめることをやっていきたいなー

と思っています。

 

それでは、今日の本題に入りましょう!

──────────────────────────────
早く帰ろうと思いながらもズルズル残業してしまいます。
どうすれば早く帰れるようになりますか?
──────────────────────────────

今回の相談はこちら↓↓

毎日、残業しないで早く帰ろうとは思うのですが、気が付くと、ズルズルと会社に残ってしまっています。
どうすれば早く帰れるようになりますか?

 

さて、あなたなら、この質問に何と答えますか?

 

少し前に読んだ本に、残業をする理由として、次のようなことが書かれていました。

  1. 残業代がないと生活が苦しいから
  2. 早く帰ってもやることがない
  3. 早く帰宅すると家族に「もう帰ってきたの?」と邪魔にされる
  4. まわりが残業しているのに、自分だけ帰るのは悪い気がする
  5. 早く帰ろうとすると「おまえはいいよなー」と嫌味を言われる

1は別として、3のように、家では

「もう帰ってきたの?」(=もっと会社にいればいいのに)

と言われ、

4や5のように、職場では

「もう帰るの?」(=もうちょっと会社にいろよ)

という状態。

 

早く帰ろうとしても、家でも職場でも

「もっと会社にいろよ」

と言われているようなものだから、「会社に残る」方が居心地がいいわけです。

これでは、気持ちの上では「早く帰りたい」と思っていても、帰れないのは当然ですよね。

 

では、そんな状態でも退社(帰宅ではありません)するにはどうすればいいか?

それは、「終業後に動かせない予定を入れる」です。

普段は残業している人ばかりの職場なのに、懇親会や飲み会の日は早い時間に退社する。

だからといって、仕事の成果が落ちることもなく、いつもと変わらない量を処理している。

 

あなたも、そんな経験があるのではないでしょうか。

毎日飲み会だと、からだを壊しそうなので、それ以外にも

  • 勉強会やセミナーに行く
  • 習い事をする
  • 友だちと会う
  • デート
  • 合コン

など、どんなことでもいいので、終業後に動かすことができない予定を入れてしまいましょう。

 

そうはいっても、毎日、仕事帰りに他人とのアポを入れるのは難しいですよね。

そこで、これは「家族といっしょに住んでいる人」限定になってしまいますが、私が「家族といっしょに夕食をとる」ことを目標にしているように

「家族と過ごす時間」をアポにすればいいのです。

 

早く帰宅しても

「もう帰ってきたの?」(=もっと会社にいればいいのに)と言われるのに、そんなことはアポにはならない。

と言うのなら、そちらの方が、解決すべき問題ではありませんか?

 

かつては「家に帰りたくない」と思っていた時期もあった私ですが、今は家にいる時間が楽しいし、なるべくいっしょに過ごしたいと思っています。

どうして,どうやって、そんなに変わったのか?

それを書き始めると長くなるので、詳しくは又の機会にしますが、簡単に書くと

「自分が先に変わること」

無理やり相手だけを変えることができませんが、自分が先に変われば相手も変わります。

 

以前、そんなことをブログにも書いていますので、よければ読んでみてください。

『過去も他人も変えられる』

goo.gl

 

どうなれば満足なのか?

理想の状態は、どういうものなのか?

ズルズル残業を止めて早く帰れるようになった状態を含め、そんなことをイメージしながら、理想に近づいてくださいね。

 

──────────────────────────────
【編集後記】 新入社員がやってきました
──────────────────────────────

4月2日に入社式、その後、全社→事業本部の集合研修を終えて、ようやく新入社員が部署にやってきました。

大卒だと22かー

親子でも全然おかしくないなー

と思ったら、うちの長女は大学4年生。

来年は娘と同級生が、再来年からは自分の子供より年下が入ってくるんですね。

 

しかし、新入社員研修で講義もするし、そんな年の差なんか気にせず、彼らが持ってる能力を100%出し切れる環境を整えます。

それが、この年代の役割ですからね(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です