【時間活用塾第310号】休憩は「悪」か?

おはようございます!

「仕事も夢や目標も見える化して欲しい未来を手に入れよう!」

手帳やノートの使い方を中心に、自分が経験したことの中から
心を豊かにすることや毎日を楽しく過ごす方法を伝えることで、
「大人っていいなー、あんなカッコいい大人になりたい!」
と子供が憧れる大人を増やすお手伝いをしている谷口和信です。

 

 

少し前のことになりますが、妻に何度か

いびきがうるさいし、途中、息してないんじゃないの??

と言われました。


えっ!? もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群なのか??

と思ったので、睡眠中の血中酸素濃度が測定できるようにと、
GARMIN のスマートウォッチ Venu 2 を注文してしまいました。

 

定価は税込¥49,280ですが、Amazonで¥44,352


最初は OPPO Band Style (¥4,157)  や

 

7月9日に発売されたばかりの Xiaomi Mi Smart Band 6(¥5,990) を考えていたのですが、

 

左腕にはアナログ腕時計、右腕には AppleWatch を付けているから、これはどこに付けるんだ? とか、

カラフル過ぎるよなー とか、

GARMIN の BODY BATTERY も気になってるしなー

とか考えてたら、なぜだか、当初予定の10倍の価格の物を注文してしまいました(汗)

 

睡眠中もトラッキングするということは、
24時間、365日、ほぼつけっぱなしにしていることを考えると、
まぁいいかなぁ…と、自分に都合のいい言い訳してね(笑)


月曜日に届いたので、昨日は一日付けていたのですが……。

その感想は、編集後記で。


というところで、今日の本題に入りましょう!

 

◆休憩は「悪」か?

あなたは、仕事中に意識的に休憩を入れていますか?

それとも、続けられるだけ続けて、
区切りがついたら休む感じでしょうか?


私は、どちらかというと、後者で、結構、続けてやってしまいます。

けれども、人の集中力って、それほど長く続かないんですよね。

何かの本で、長くて90分、短いと30分程度で切れてしまう。
と読んだような気がします。


で、自分のことを振り返ってみると、
ExcelやCADなど、好きな作業をしているときには、
2時間位なら集中して続けられるのですが、

それ以外の作業になると、30分くらいで集中力が途切れて
メールやタスクをチェックしたり、
その時やらなくてもいいのに、書類を整理したりしてしまいます。


また、以前、本の原稿を書いていたときにもあったのですが、
長時間(2~3時間以上)続けて作業をすると、
なかなか回復できず、その後はダラダラと作業してしまった。
あるいは、疲れ切って、何もできなかった。

ということを何度か経験しています。


そんなことがあったので、今は
「30分に1回は気を緩める」ようにしています。

具体的には、30分のタイマーをかけて、それがなったら、
立ち上がる、背伸びをする、コーヒーを淹れる、トイレに行くなどを
意識的にするようにしています。


「サボる」のは悪ですが、
1日を集中して過ごすためには「休憩」は必要なものです。

車のエンジンなどの機械だって、
常にフル回転していると、早く壊れてしまうし、
エネルギー効率も悪いですよね。


人は機械ではないし、車のエンジン以上に繊細ですから、
常にフル回転させるのは不可能だし、
そんなことをしたら、短時間でエネルギーが尽きてしまいます。

1日を働き切る、ことを考えたとき、
どうすれば集中力が高い時間を長くすることができるか?

それを考えて、適度に「休憩」を入れてるようにしてください。


自分のペースがわからない。
そんなときは、
25分作業したら5分休憩する「ポモドーロ・テクニック」を
試してみてはいかがでしょうか。

試しながら、
「25分+5分」がいいのか、
「30分+5分」がいいのか、
あるいは「60分+10分」がベストなのか?

いちばん自分にあったペースをみつけてくださいね。

 

◆編集後記 両腕にスマートウォッチ

GARMIN のスマートウォッチ Venu 2 を使い始めたと
前段で書きました。

しかし、機能が豊富すぎて、まだまだ使い方がわかりません(汗)

GARMIN もスマートウォッチなので、
タイマーやアラームが使えるのはもちろんのこと、
予定やメール・メッセージの通知も届くはずですが、
うまく設定できているかどうかわからないこともあり、
Apple Watch と併用しています。

まさか、片腕に2つ付けるわけにはいかないので(笑)
左腕にGARMIN、右腕にApple Watch を付けてみました。

    


それまでも、左腕にアナログ、右腕にApple Watch を
付けていたのですが、それほど変だとは思っていませんでした。

 

しかし、洗面所で手を洗うとき、
両腕に真っ黒いものが付いている自分の両腕を見たとき、

右も左もスマートウォッチを付けると、
それも画面オフで真っ黒だと、やっぱり変かなぁ??

と思ってしまいました。

けれども、今はまだ両方ないと困るので、
人の目も自分の目もきにせず、寝る時を含めて、
しばらくこの状態で過ごします。

 

 

 

◆無料メール講座『時間活用塾』のご案内

毎週水曜日の午前7時30分に『時間活用塾』という無料のメール講座を発行しています。

この講座では、単なるやり方(HOW TO)だけでなく、効果的に時間を活用できるようになる考え方なども書いています。

もちろん、登録も購読は無料。いつでも配信解除できますので、安心して登録してくださいね。

■ 登録・解除フォーム
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
 
 

 

◆LINE公式はじめました

無料メール講座では「考え方」を中心にお伝えしていますが、LINEでは毎日を明るく楽しく過ごすためには、できるようになった方がいい具体的な「行動」についてお伝えしています。

これを機会に、ぜひ、お友達に追加してくださいね!

 友だち追加

 

 

◆イベント・セミナー情報

【WEBセミナ~雑談会は毎週開催中】
毎週土曜日10時からWEBセミナ~雑談会を開催しています。

予約は不要。10分くらい前から立ち上げて待っていますので、気軽にのぞいてみてください。

『WEBセミナ~雑談会』
(参加用のURL等は、メルマガの中でのみ公開しています)

 

【ストアカで3講座実施中】

ストリートアカデミー(ストアカ)で「タスク管理術」,「時間管理術」,「時間家計簿のすすめ」(振り返りが中心)の3講座をやってます。

こちらへのご参加もお待ちしています!

ストアカ講座のページを見てみる

 

【個別相談受付中(メルマガ読者限定価格)】

下記「個別相談申し込み」ページで、谷口の予定もご確認のうえ、空き時間を見て都合の合う時間帯でお申し込みください。

個別相談のページを見てみる

通常、単発の個別セッションは35,000円,体験セッションは15,000円でご提供していますが、ブログ読者さん限定・オンライン限定で10,000円としますのでお気軽にお申込みください。

 

◆著書のお知らせ

■2冊目の著書『時短と成果が両立する 仕事の見える化 記録術』は絶賛発売中です。

 ダイエットするときには体重を記録することが大事。

 お金の管理をするときには、家計簿をつける必要があります。

 時間も同じです。上手に使えるようになるには、記録して確認する必要があるのです。

 この本では、なにを、どうやって記録するのか?

 私がやっている方法を具体的に紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 2020年4月5日にはKindle版も発売になりました。こちらもよろしくお願いします!
 『時短と成果が両立する 仕事の見える化 記録術(kindle版)

 

■初めての著書『仕事が速くなる! PDCA手帳術』も絶賛発売中。

 Kindle版もありますので、まだ読んでいない方は手に取ってみてください!
 『仕事が速くなる! PDCA手帳術(Kindle版)』 

 

◆ご相談・お問い合わせはこちら

執筆のご依頼など、その他のご相談・お問い合わせは下記リンク先のフォームからご連絡ください。

【ご相談・お問い合わせ】