【時間活用塾第292号】先延ばしするなら、これを決めてから ~期限がなければ先延ばしし続けるだけ~

おはようございます!

「仕事も夢や目標も見える化して欲しい未来を手に入れよう!」

手帳やノートの使い方を中心に、自分が経験したことの中から
心を豊かにすることや毎日を楽しく過ごす方法を伝えることで、
「大人っていいなー、あんなカッコいい大人になりたい!」
と子供が憧れる大人を増やすお手伝いをしている谷口和信です。

 

先週の土曜日も毎週恒例の「WEBセミナ~雑談会」を開催したのですが、
入社2年目という若い女性が初参加してくれました。


どんな話をしたのか?

参加した人だけの特典なのでここでは触れませんが、
いっしょに参加していた人たちからも

「話しているうちに自分自身に言っている気もして、 
 気づいたことがたくさんありました」

とか

「今日は特に有意義でした。新しい方の意見も勉強になりました」

という感想も届きました。
(「今日は特に有意義」って、じゃあ今までは??
 と突っ込みたくなりますが・笑)


社会人経験が浅い人からでも、
というより、
経験が浅い人だからこそ、そこから学べることも多いんですよね。

いやぁ―ほんとに、今回は私もいい話を聞かせてもらえました。


その人からは土曜日の夜にお礼のメールが届いたし、
そこには、雑談会終了後すぐに、あることをやってみた
と書かれていたし
来週からさっそく実践してみます、とも言われていたので
これからが楽しみですね。


人と話をすると、
聴く人だけでなく、話す方もいろんな気づきがあるんですよね。


同じ人とばかり話していてもも新たな気付きは少ないものです。

ときには、まったく知らない人たちの話も聞いてみませんか?

この記事を読んでくれた人の参加は大歓迎。

毎週土曜日に開催していますので、ぜひ遊びにきてくださいね!
(参加用のURL等はメールマガジンの中で公開しています)

では、今日の本題に入りましょう!

 

◆先延ばしするなら、これを決めてから

あなたは、

やりたい、やらなきゃいけないことだけど、
今はその気になれないんだよなー

と思うこと、そして先延ばしすることはありませんか?
ありますよね??

もちろん、私もあります(笑)


明確な期限が決まっている仕事で、
今やらないと間に合わないかもしれない。

と思うものはすぐに開始するのですが、
期限が決まっていないことやプライベートのこと
自分の中だけで考えていたことは、だいたい延ばしますね(汗)


先延ばしするときには、どんな心理が働いているのでしょうか?

・時が来ればできるようになってる?
⇒いいえ、少しぐらい時間が経っても、
 できることはそれほど変わりません

・時間が経てばタスクが小さくなる?
⇒逆です。
 期限が迫れば迫るほど、タスクは大きく見えてきます。

・自分がやらなくても、誰かがやってくれる?
⇒たまにはそんなことが起きるかもしれませんが、
 めったにないですよね?

 逆の立場で考えてみてください。
 Aさんの仕事なのに、横取りしてやりますか?

 自分のことさえやらずに先延ばししているのに
 他人のことまでねぇ…(笑)


もし、先延ばしするのなら、
これらのことをわかったうえでやりましょう!

それから、ここからが今日のタイトルの答えになるのですが、

先延ばしするときには、

<次にやるときを決める>

ことです。


先延ばしとは「今はやらない」と決めること。

ほとんどの場合、

「今はやらない=いつかやろう」

ですよね?


しかし、あなたも耳にタコができるほど
聞いたことがあると思いますが、

「いつか」という日は決してやってきません。


ですから、先延ばしするときにも、

それをやるのか、やらないのか、さらに先延ばしするのか?

を判断する時を決めておくのです。

「今は〇〇はやらないけど、〇月〇日〇時にもう一度確認しよう」

と決め、それをタスクとして残しておき、
その時が来たら、それを処理する。


そのとき、「さらに先延ばしする」という判断をしてもOK。

しかし、先延ばしも3回くらい繰り返したら、

本当にやる必要があるのか?
本当にやりたいのか?

を考え直したほうがいいかもしれません。


だって、やらなくても、何も困っていないのだから……。


ということで、

・先延ばしするときは、いつ、再確認するのかを決める。
・3回くらい先延ばししてしまったら、
 そもそもやる必要があるのか? 原点に返ってみる

ということをやってみてください。


やらないことがいちばんの効率化だし、
タスクは少ない方が気分的にも楽ですからね。

 

◆編集後記 今日は終日横浜です

私は一級建築士と設備設計一級建築士の資格を持っているのですが、
建築設計事務所登録しているところで働いている場合には、
両方とも、3年ごとに定期講習を受講しなければなりません。

ふたつとも今年度がその受講年度なのですが、新型コロナ対策で、
会場には入れる人数をこれまでの半分以下に減らされているので、
なかなか都合が合わず、年度末ギリギリの今日になってしまいました。

ビデオ講習なので、眠くなりそうですが(汗)
講習終了後には確認考査もあり、それに合格しないと
受講終了にならないので、一発合格するように頑張ってきます!
(おそらく、定期講習の確認考査で不合格になった人は
 ほぼゼロだと思います)


17時終了予定だし、
終わったら久しぶりに横浜をぶらぶらしてから帰ろうかな??

 

 

 

◆無料メール講座『時間活用塾』のご案内

毎週水曜日の午前7時30分に『時間活用塾』という無料のメール講座を発行しています。

この講座では、単なるやり方(HOW TO)だけでなく、効果的に時間を活用できるようになる考え方なども書いています。

もちろん、登録も購読は無料。いつでも配信解除できますので、安心して登録してくださいね。

■ 登録・解除フォーム
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
 
 

 

◆LINE公式はじめました

無料メール講座では「考え方」を中心にお伝えしていますが、LINEでは毎日を明るく楽しく過ごすためには、できるようになった方がいい具体的な「行動」についてお伝えしています。

これを機会に、ぜひ、お友達に追加してくださいね!

 友だち追加

 

 

◆イベント・セミナー情報

【WEBセミナ~雑談会は毎週開催中】
毎週土曜日10時からWEBセミナ~雑談会を開催しています。

予約は不要。10分くらい前から立ち上げて待っていますので、気軽にのぞいてみてください。

『WEBセミナ~雑談会』
(参加用のURL等は、メルマガの中でのみ公開しています)

 

【個別相談受付中(メルマガ読者限定価格)】

下記「個別相談申し込み」ページで、谷口の予定もご確認のうえ、空き時間を見て都合の合う時間帯でお申し込みください。

個別相談のページを見てみる

通常、単発の個別セッションは35,000円,体験セッションは15,000円でご提供していますが、ブログ読者さん限定・オンライン限定で10,000円としますのでお気軽にお申込みください。

 

◆著書のお知らせ

■2冊目の著書『時短と成果が両立する 仕事の見える化 記録術』は絶賛発売中です。

 ダイエットするときには体重を記録することが大事。

 お金の管理をするときには、家計簿をつける必要があります。

 時間も同じです。上手に使えるようになるには、記録して確認する必要があるのです。

 この本では、なにを、どうやって記録するのか?

 私がやっている方法を具体的に紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 2020年4月5日にはKindle版も発売になりました。こちらもよろしくお願いします!
 『時短と成果が両立する 仕事の見える化 記録術(kindle版)

 

■初めての著書『仕事が速くなる! PDCA手帳術』も絶賛発売中。

 Kindle版もありますので、まだ読んでいない方は手に取ってみてください!
 『仕事が速くなる! PDCA手帳術(Kindle版)』 

 

◆ご相談・お問い合わせはこちら

執筆のご依頼など、その他のご相談・お問い合わせは下記リンク先のフォームからご連絡ください。

【ご相談・お問い合わせ】